①相続した不動産の登記が共有名義で売却したくてもどうすることもできない…→ たとえば持分だけを売却する「一部売却」

公開日:

カテゴリー: 不動産の相続

 

ご相談事例 ①

相続した不動産の登記が共有名義で売却したくてもどうすることもできない…

 

→持分だけを売却する「一部売却」

所用する不動産の名義が「共有」の場合 、共有持分は中々売却することが困難 

・それぞれの持分を有する人たちの意見がまとまらない 

・当事者全員が遠方に住んでいるため話し合いができない 

・夫婦で不動産を所有していたが離婚になってしまい処分に困っている 

・兄弟で不動産を所有しているが早くお金にしたいのに意見がまとまらずに困っている 
 など

 

財産の共有は、共有者間の争いに発展しやすい

このような共有名義者どうしの争いを避けるには、共有名義をする前から十分に検討する必要があります。

相続の場合は相続発生前から親子や兄弟どうしで真剣に将来のことも話し合っておく場を持つことが大切です。

 

② 相続人を事前に決めたい。事前に効果的に分配する方法はないか。贈与した方がいいの?? → 遺産分割協議書について

 

 

 

 

毎週開催!アイプランの個別相談会

「不動産相続」・「売却」でお困りの方 
 
* 各種手続き・文書作成も専門家と行うので安心です。
 
・弁護士:紛争・トラブル解決・成年後見人・債務整理・任意売却 
・税理士:相続税・税金対策 
・司法書士:登記・遺産分割協議書・債務整理 
・行政書士:代書・会社登記・事業承継 

● 任意売却のご相談も 
住宅ローンの返済が困難になった場合、通常は所有する不動産は「競売」にかけられ売却されます。任意売却とは、「競売」にかけずに、債権者(銀行等)の合意を取って売却する方法です。所有者の意志は関係なく売却されてしまう「競売」と違い、「任意売却」では、所有者の意志(任意)で売却することができます。所有者にも債権者が納得(合意)することで成立する「任意売却」は、適正価格で売却することが可能です。債権者や購入者からも引越費用等手当してもらえることも。

 
戸建て物件やマンション・土地の相続税金対策・登記・共有名義・相続人・法定分・遺産分割協議書・財産生前贈与・遺言書・公正証書・成年後見人制度、手続き方法や文書作成等を弁護士・税理士・司法/行政書士と連携して解決いたします。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。