諸費用っていくらかかるの?

公開日:

カテゴリー: 未分類

 マイホームの購入には、住宅の購入代金のほかに諸費用と呼ばれる様々な支払いが発生します。

 具体的に上げると①契約書に貼る印紙代②権利の登記の際に支払う登録免許税や③司法書士報酬④住宅ローン借り入れのための保証費用や保険費用などが挙げられます。

 しかしながら、住宅種別や時期によってかかる場合とかからない場合がある費用もあります。例を挙げると不動産取得税は軽減措置によりゼロになるケースが少なくありませんし、印紙税も時限的措置として現在は貼付する額面が減額されています。また、固定資産税は中古住宅にしかかからないお金ですし、仲介手数料は仲介会社を通じて買う場合にだけかかる費用です。

 さて、これらの諸費用をまとめるといくらぐらいになるのでしょうか?新築マンションの場合で物件価格の5%前後、建売住宅や中古住宅は8%前後、注文住宅は土地・建物の総額の10%前後が目安とされています。それ以外にも引っ越し費用や家具、カーテンなどの購入費用などマイホーム探しには多くの費用がかかります。マイホーム購入の際には資金計画もお忘れなく!

 アイプランではこれら諸費用も含めたフルローン購入のご相談や、住み替えの相談も承っております。いきなり相談というのは敷居が高いという方はLINEやメールでのお問い合わせも可能です。どうぞお気軽にご相談ください。

The following two tabs change content below.
アイプラン

アイプラン

住宅ローンの融資を好条件で引き出すのが得意 なぜなら任意売却という競売を回避する交渉をしてきたからです。 また今ある借金をおまとめし、月々の返済額を減らすサービスも大変喜ばれています。