既存住宅売買かし保険 とは?

公開日:

更新日:2018/02/09

カテゴリー: かし保険

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分です。

既存住宅売買かし保険とは、第三者機関による検査保証(保険)がセットになった保険制度です。

既存住宅売 かし保険は構造躯体と雨水の侵入に対する最大5年聞の保険制度です。

 

制度による主な目的は下記になります。

1:売主による住宅性能の情報開示として、瑕疵保険の事前現況検査を活用 

2:建物インスペクションを担う人材として既存住宅現況検査技術者との連携

3:買主による住宅性能の安心・安全の担保として瑕疵保険の付帯

以上の内容を実現するために既存住宅流通市場において、消費者への「住宅性能に関する情報開示」や「瑕疵保険利用による安心の提供」の促進を目指します。

 

既存住宅売買かし保険制度を利用することで安心かつ安全な中古の不動産売買が可能になります。

The following two tabs change content below.
高田(タカダ)

高田(タカダ)

住宅ローンの融資を好条件で引き出すのが得意です。 なぜなら任意売却という競売を回避する交渉をしてきたからです。 また今ある借金をおまとめし、月々の返済額を減らすサービスも大変喜ばれています。 うさぎの『シロ』を飼っております。
高田(タカダ)

最新記事 by 高田(タカダ) (全て見る)